MENU

  • トップ
  • 客室
  • 温泉
  • お料理
  • 館内施設
  • 交通案内
  • 新着情報
  • 01
  • 02
  • 03

万葉の昔より淡路島は御食国として朝廷に数々の食材を納めてきました。
現代でも数々の淡路島ブランド食材が全国にその名を轟かせています。 淡路島の食料自給率は107%、豊かな恵みを育み、賄っているのです。

淡路島ならではのフードマイレージ

食材の鮮度にこだわるプラザ淡路島では、ホテルから半径30キロメートル圏内でとれる地元の食材を中心に、淡路島の山海の恵みを最大限に活かしたお料理を提供しております。
淡路島ならではの新鮮な食材が持つ、素材本来の味覚をご堪能ください。

淡路島ならではのフードマイレージ

食へのこだわり

プラザ淡路島では選りすぐりの瀬戸内の魚介類を中心に日々仕入れを行い、南淡路にある灘・沼島・福良港、そして洲本市の由良港など漁獲量豊かな港に水揚げされた特に新鮮なものを中心に扱っています。
また契約農家をはじめ、地元で育った島の旬野菜を積極的に取り入れ、お客様のお口に届けさせていただきます。

海の恵み

海の恵み

穴子、鰆、ホウボウ、磯魚、太刀魚、渡り蟹、いかなご、ちりめん、舌平目、足赤海老、おこぜ、由良の赤雲丹、若布、海苔、藻塩など、豊富な魚介類を取り揃えております。

大地の恵み

大地の恵み

春キャベツ、白菜、オレンジ白菜、子宝菜(タラの芽)、ブロッコリー、カリフラワー、カブ、ラディッシュ、ピーマン、パプリカ、ズッキーニ、トマト、とうもろこし、冬瓜、ナス、オクラ、リーフ類、灘のみかん、びわなど、新鮮な地元食材を取り揃えております。

風味豊かな淡路牛

日本を代表すると言われている松坂牛や神戸牛の素牛となった但馬牛も、そのルーツは淡路牛にあります。
今日もなお、淡路島の畜産農家では優れた母牛を選定して計画的な交配を行い、そうして生まれた優秀な資質を保存・継承することで一流の肉質の向上に努めています。
淡路牛は筋繊維が細かいので舌触りも良く、肥育すると脂肪が肉質に細かく入り込みます。熱を加えるとサシが溶けて、筋肉の旨味と脂肪の香りが絶妙に混ざり合い、口の中いっぱいにまろやかな和牛独特のおいしさが広がります。

ダイニング

淡路島の旬彩を楽しむ

大きく開けた窓から鳴門海峡を望む「ダイニング 花桐 -HANAGIRI-」と目の前で調理するそのライブ感溢れる雰囲気を楽しむ「旬房 海楽 ‐KARAKU‐」。
洗練された二つの空間でお料理をお楽しみいただけます。

淡路島の旬彩を愉しむ、新ダイニング

御食国 プロジェクト

御食国(みけつくに)プロジェクトとは、時の権力者や宮廷人など多くの人を魅了し続けてきた淡路島の「食」を通じて、全国の方々を淡路島にご招待するための事業です。その一環として、島の素材を使った「新しいグルメプロジェクト」が続々と淡路島全域で進行中です。

「淡路島牛丼」「淡路島ぬーどる」「島スイーツ」など、太陽と大地の恵みを受けた食材を存分に生かした淡路島ならではのメニューをぜひお召上がりください。

淡路島牛丼

淡路島牛丼

淡路牛・淡路玉ねぎ・淡路米の淡路島が誇る3つの食材を使用し、1杯の牛丼にした「淡路島発ご当地牛丼」です。
その味をこよなく愛する淡路島内の飲食店がそれぞれ独自の淡路島牛丼を提供いたします。

淡路島ぬーどる

淡路島ぬーどる

淡路島南部の福良地区で約170年に渡って受け継がれる、昔ながらの手延べ製法にこだわった伝統の淡路手延べ麺と島の食材がコラボレーション!数々の魚介類、季節の土もの野菜に、猪豚・淡路牛が麺 に絡み合い、 あつあつの出汁とともに味わう。
それが「淡路島ぬーどる」の魅力です。

島スイーツ

島スイーツ

まるでお菓子の詰め合わせのような愉しさと美味しさがにじみ出してくる淡路島。
気取らない、とぼけた美味しさが魅力のスイーツたち。とにかくおいしさに頬が歓ぶ「島の食材」を使ったスイーツやコロッケがなんともたまらない。